【乃木坂46】真夏の全国ツアー、チケットの倍率が低い会場の特徴とは!

 

どーも、ずーです。

いよいよ明日から真夏の全国ツアー2018のチケットの受付が始まりますね!

昨年もかなりチケットの倍率が高かったですが、今年は東京ドーム公演を成功させたグループになりましたし、さらにチケットの倍率が上がりそう😭

大きな会場で公演が出来るということは乃木坂46ちゃんたちにとっては嬉しいことだと思います。

が、乃木坂46ファンの本音は

マジでチケットの倍率下がって欲しい・・・

ですよね(笑)

真夏の全国ツアー2018は6つの会場で公演予定なんですが、倍率が気になっている方が多いと思います。

昨年の真夏の全国ツアー新潟公演みたく倍率が低い会場って今年も絶対あると思うんですよ!

なので今日は乃木坂46真夏の全国ツアー、チケットの倍率が低い会場の特徴について話そうと思います。

まあタイトル通りですね!

ではさっそくいってみよー!

スポンサーリンク

名物がない

いきなり失礼ですが(笑)美味しい食べ物、有名な観光地等の名物がない県にある会場は倍率が低いです!

一番の目的はもちろん乃木坂46の真夏の全国ツアーに参加するためですけど、そのためだけに高い交通費、宿泊費を払うのも嫌じゃないですか?

だからよほどの出不精でない限りほとんどの人がご当地グルメ食べたり、有名な観光地に遊びに行ったりすると思うんです。

いや、出不精はまず地方ライブ行かないか(笑)

実際私も昨年の真夏の全国ツアーで大阪に行った時たこやき、串カツを食べたり、グリコやかに道楽、くいだおれ人形の写真撮ったりしましたもん。

ということは、今年はどこが狙い目かもう分かりますね?

ないです!(ズッコケー)

福岡はもつ鍋、とんこつラーメン、明太子

大阪は先程書いたからいいでしょう。

愛知県は味噌カツ、手羽先、ひつまぶし

宮城は乃木坂46ちゃんたちも大好きな牛タン!

そして久保ちゃんが宣伝していた萩の月もありますね。

観光地でいったらどこも同じくらいの数あるので恐らく暇になることはないでしょう。

困ったら取り合えず城行こう!笑

アクセスが悪い

アクセスの悪い会場もチケットの倍率は低いです。

それはなぜか・・・

単純に疲れるから

地方ライブに行ったことがある人なら分かると思うんですが、行きも帰りもバス、歩道、タクシー乗り場が乃木坂46ファンだらけなんですね。

そんなの東京もじゃない?って思います?

比にならないです。

神宮球場なんて近くに4つくらい駅があるじゃないですか。

地方ライブだと近くに駅がそもそもない。

昨年の新潟公演がそんな感じでした。

行きはまだいいんだけど(早めに会場に行けば大丈夫)帰りが酷かった💦

当然皆同じ時間に帰るためタクシー乗り場に大行列が出来る。

バスも本数が少ないためぎゅうぎゅう。

それも見た私と友達は徒歩で帰ることを選択しましたが、それでも大変でした。

ライブ終わりに長時間歩くのってキツイんですよね。

さてここまで書けば今年はどこが狙い目か分かりますよね?

そう、宮城県のひとめぼれスタジアム

徒歩の場合、一番はやくてJR利府駅より約3㎞(約30分)

タクシーの場合、一番はやくてJR利府駅より約10分(約1,500円)

バスの場合時刻表を見た感じだと、大人250円、約10分

コンサート終わりの時間にもよりますが2、3本しかなさそうです。

ひとめぼれスタジアムの収容人数は約5万人

どれを選択しても地獄でしょうね💦

アクセスが悪くて誰も申し込みしないだろうと思って申し込む人が増えるパターンもあるかもですが、私はパスしようと思います。

多分私みたいな人多いだろうな。

まとめ

今日は乃木坂46真夏の全国ツアー、チケット倍率の低い会場の特徴について話しました~

2018年の会場だと宮城県がチケットの倍率低そうと書きましたが、絶対ではないのでチケット取れなくても怒らないで下さいね(笑)

私はヤフオクドーム狙いです👍

美味しいものが食べたい!笑

結果がきたらブログで報告しますね~

スポンサーリンク