百均、セリア、ゲーム用指サック

【百均】セリアのゲーム用指サックを使ってCODモバイルをやってみたら…

 

こんばんは!ずーです

 

今日は百均(セリア)のゲーム用指サックについて書こうと思います!

 

  • 手汗で指がうまく滑らず撃ち合いに負けた
  • 確実にタッチしたのに反応しなかった

 

スマートフォンでFPSゲームをプレイする皆さん!

こんな感じでイライラした経験はありませんか?

 

手汗さえかいてなければ絶対今の◯せてた!!!

なんで今の反応しないんだよ◯ね!!!

 

私も少し前まではこんなことを言いながらゲームをプレイしていました(ちゃんとマイクオフにしてます)

死体撃ちしてくる人や暴言を吐く人に撃ち負けた時だけですけど….

 

しかし!

 

百均、セリア、ゲーム用指サック

 

これ(セリアのゲーム用指サック)に出会ってから私は変わりました

 

なんだよこれ操作しにくいな!!!

何今のエイム気持ち悪!!!

 

…はい。結論から言うと『つけないよりはマシ』です

ガチでプレイしたい人はお金をかけていいもの買いましょう

 

 

 

興味がある方は、ぜひ最後まで読んでください。

 

百均(セリア)のゲーム用指サックについて

 

まずは、100均(セリア)のゲーム用指サックについて書きます!

 

  • サイズ⇒フリーサイズ
  • 材質⇒金属繊維、ポリエステル
  • Made in⇒China
  • 企画、デザイン⇒日本
  • 2個入り

 

一番大事なところを日本が担当していないというところが百均って感じ(?)

 

百均、セリア、ゲーム用指サック

 

フリーサイズなのできついとかはなかったです

 

武器を左右上下に動かすのは反応しすぎるくせに走る&歩くのは反応が悪いから、感度を決めるのがめちゃくちゃ大変でしたね

そしていまだにしっくりくる感度が見つかっていません

 

ちなみに私は2本指操作ガチ勢、好きな武器はICR-1、iPhone7を使ってプレイしています

…そろそろスマホ新しいのにしたい(iPhoneSE(第2世代)とiPhone12miniで迷い中)

 

2個入りですので4本指で操作している人は2つ買う必要があります

注意してください

 

…てかそもそも4本指で操作してる人って4本全部指サックするの?

 

 

スポンサーリンク

CODモバイルをやってみた結果

 

続いて、100均(セリア)のゲーム用指サックを使ってCODモバイルをやってみた結果について書きます!

 

通常マッチやランクマッチだとマッチングする相手によって結果が変わってしまうので、AIと戦うモードをプレイしてみました(マップはCROSSFIREで武器はKN-44を使用しました)

 

45キル0デス指サックあり感度高い
44キル0デス指サックなし感度高い
43キル0デス指サックあり感度中
44キル0デス指サックなし感度中
42キル0デス指サックあり感度低い
44キル0デス指サックなし感度低い

 

結果はこんな感じです

 

AIが弱すぎて全然参考にならねえ!!!

 

わかってたよ。わかってたけど通常マッチやランクマッチじゃもっと参考にならないじゃんかよ…

 

ちなみに、百均(セリア)のゲーム用指サックでも一応ランクマッチで一番上のランク(レジェンド)までいくことは出来ました

なので、ランクマッチでレジェンドまでいけるレベルの人だったら全然使いこなせると思います

 

レジェンドまでいけたことないって人はお金をかけていいやつ買った方がいいかな

 

これ使ったらもっといけないと思うから

 

百均、セリア、ゲーム用指サック

 

あと何回か使ってるとこんな感じで糸がほつれてきますが使うのは指先だけなので、私は糸を切ってそのまま使い続けてます

プレイに支障が出るくらいまで短くなったら捨てる予定です(ケチ)

 

 

まとめ

 

今日は、100均(セリア)のゲーム用指サックについて書きました!

 

  • つけないよりはマシ
  • 感度の設定が難しい
  • 結局は実力

 

まとめるとこんな感じになります

 

上手い人はどんなゲーム用指サック使っても上手い

結局これだと思います

 

なぜか3つ買ってしまった(笑)ので、しばらくは今日紹介した百均(セリア)のゲーム用指サックを使ってプレイするけど、使えなくなったら少しお高めのゲーム用指サックを使ってみようと思います(比較するために)

なのでいいゲーム用指サックが見つかったらまた紹介しますね

 

お楽しみに!

 

他の百均の商品についても記事を書いているので、興味がある方は検索窓で『百均』と検索して読んでみてください

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク