ラ王 冷し中華

【ラ王】袋麺の冷やし中華(ごまだれ)のアレンジレシピを3つ紹介

 

こんばんは!ずーです。

皆さん、こちらの記事を覚えていますでしょうか?

この時、ラ王の袋麺の冷やし中華が気になると言っていたんですが…

とうとう買えました!

いや、とうとうって言うほどレアな商品ではないんですけどね(笑)

まぜそばを作った時に使ったラ王の袋麺のしょうゆ味が食べ終わったので、買ってきたんです。

なので今日は、ラ王の袋麺の冷やし中華(ごまだれ)を食べた感想を書いていきます!

が、ただ感想を書くのではなく、ラ王のホームページに載っていた山本ゆりさん考案のアレンジレシピを作った感想を書いていこうと思います。

なんでかって?

私が山本ゆりさんのファンだから(笑)

山本ゆりさんが出しているsyunkonカフェごはんというレシピ本が大好きなんです。

 

 

なので、『山本ゆりさんが考案したレシピとか絶対うまいやろ!』と思って作ることにしました。

それではさっそくいってみよー!

アレンジレシピその1

ラ王袋麺の冷やし中華(ごまだれ)のアレンジレシピ1つ目は、豚しゃぶラー油冷し。

材料

  • 日清ラ王冷し中華(ごまだれ) 1袋
  • 豚バラ薄切り肉(ひと口大) 100g
  • 万能ねぎ(小口切り) 適量
  • ラー油 適量

 

作り方

  1. 鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、豚肉とラ王の麺を入れる。
    ※豚肉は色が変わったら取り出し、麺は5分間ゆでる
  2. ゆであがった麺をざるに移し、冷水にさらして麺を冷した後水をよく切る
  3. 水を切った麺を皿に盛り、豚肉と万能ねぎをのせて付属のごまだれとラー油をかける

 

完成!

豚しゃぶラー油冷しの味は…

めちゃくちゃおいしい!

冷やし中華ってさっぱりしすぎるから苦手だったんだけど、これは豚バラとラー油が入っているからさっぱりしすぎなくておいしい。

むしろちょっとガッツリ系になる。

豚肉は夏バテ予防にいいって聞くし、夏にピッタリのアレンジレシピですね。

ところでごまだれとラー油の相性ってなんであんなにいいんだろう?

スポンサーリンク

アレンジレシピその2

ラ王袋麺の冷やし中華(ごまだれ)のアレンジレシピ2つ目は、大葉

これはただ大葉をのせるだけなので、アレンジレシピって言うほどのもんじゃないんです(お前が言うな)

ラ王のホームぺージにも『一品のっけ冷やし中華』と書いてありました。

気になる味は…

とにかくさっぱり!

夏~って感じの味(笑)

でもなんか足りないんだよな。

私がガッツリ系の料理が好きだからなんでしょうけど…

アレンジレシピその3

ラ王袋麺の冷やし中華(ごまだれ)のアレンジレシピ3つ目は、ツナ

ツナも大葉と一緒でのせるだけです。

なんとなくツナの油も一緒に入れた方がいいと思って入れたんですが、それが大正解でした!

おいしい!

よく混ぜて食べると、ごまだれとツナの油が混ざっていい感じにこってりになるんです。

『いや、冷し中華にこってり求めんなよ!』って感じですが、こってり料理が好きだから求めちゃうよね。

 

まとめ

今日は、ラ王袋麺の冷し中華(ごまだれ)のアレンジレシピについて書きました!

冷し中華にツナって考えるところがさすが山本ゆりさんだよな。

個人的に一番好きだったのは『豚しゃぶラー油冷し』

前回の油そばの記事の時に、冷し中華苦手って言ったの撤回したいレベルで好みの味でした。

 

ラ王袋麺の冷し中華は、ごまだれの他にしょうゆだれもありますので、今度はしょうゆだれの記事を書きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク